メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

泥の川に5人の母子が胸や首までつかっている…

[PR]

 泥の川に5人の母子が胸や首までつかっている。米軍の爆撃に追い立てられ、こちらの岸へ逃げのびようと必死だ。目には戸惑いと恐怖が宿っている▲写真家、沢田教一(さわだ・きょういち)さんの「安全への逃避」は1965年9月、当時の南ベトナムの農村で撮影された。ベトナム戦争の現実を問いかけ、翌年の米ピュリツァー賞に輝く。「戦争の終結を2年早めた」とも言われる▲この作品をはじめ、愛用のカメラやメモ帳なども集めた展覧会が、東京の日本橋高島屋で28日まで開かれている。母の腕に抱かれて川を渡った当時2歳のフエさんが、沢田さんについて語るインタビューが会場に流れていた▲渡りきった家族に彼は手を差し出し、岸に引き上げたという。そして、催涙ガスで涙が止まらないフエさんに気づき、自分のハンカチを水でぬらして目をふいた。おびえが安堵(あんど)に変わったことだろう▲後日談を伝える新聞記事もあった。受賞の翌年、「あの母と子はどうなったのか」と村を訪れ、再会を果たした。そして36万円の賞金のうち6万円を渡し、受賞作品に「幸せに」と書いて贈っている。人柄が伝わるエピソードだ▲沢田さんは70年秋、カンボジアを取材中に銃撃され、34歳で亡くなった。最後まで戦場の外にもレンズを向けた。働く人、生活する人の日常を多く切り取った。女性や子どもの姿が多い。戦争で最も苦しめられるのは最も弱い者たちだ、との訴えがそこににじむ。今も世界のあちこちで、それを実感せざるを得ないのは歯がゆい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 本能寺の変4日後 明智光秀直筆の文書、初公開 19日、1日限定 滋賀・多賀

    2. ど迫力!金色の巨大ホワイトタイガー 埼玉・東武動物公園駅前 リアルわらアート

    3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

    4. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

    5. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです