民進党代表選

あす告示 前原氏、議員票で優位 枝野氏、「地方」に注力

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 蓮舫代表の辞意表明に伴う民進党代表選(9月1日投開票)が21日に告示される。前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)の事実上の一騎打ちとなる公算が大きい。前原氏は党内主要8グループのうち5グループの支持を取り付け、142人の国会議員では優位な情勢だ。ただ、総数851となる見通しの「ポイント」で、1人2ポイントを持つ国会議員票は約33%。枝野氏は地方議員票と党員・サポーター票を合わせて約52%の「地方票」に照準を合わせている。【樋口淳也、鈴木拓也】

 前原氏は全国遊説を始めており、19日は神戸市で街頭演説して「自公政権に代わる新たな選択肢を」と訴えた。18日に神奈川県内で記者団に情勢を問われた際は「出足は順調だ。(支持の広がりは)予想以上だ」と自信を見せた。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1068文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集