メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/4 長期展望なき暗殺

ハリル・ワジル司令官を描いた絵の前で、暗殺の夜を振り返る妻インテサールさん(右)と長女イーマーンさん=ヨルダン川西岸ラマラで

PLO司令官の死、憎悪を拡大

 「イスラエルは、どう殺すかには果てしなく時間とエネルギーを費やすが、誰を、なぜ殺すのか、そして長期的影響も十分に考えない」。元イスラエル海軍長官のアミ・アヤロン氏は、1988年4月にチュニジアで起きた暗殺の意義を問う。

 殺されたのは、故アラファト・パレスチナ自治政府議長の盟友、パレスチナ解放機構(PLO)のハリル・ワジル(アブ・ジハード=闘争の父)司令官。

 英国統治下のヨルダン川西岸ラマラで育った。11歳だった46年、ユダヤ人軍事組織の襲撃を受けて村を追…

この記事は有料記事です。

残り1472文字(全文1716文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです