メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界経済・見て歩き

英国・ロンドン 高層マンション火災 「命の差別」住民怒り 移民ら低所得層、多数犠牲に

黒焦げとなったグレンフェル・タワー=ロンドンで15日

 住宅投資マネーで潤う高級住宅街で、黒焦げのタワーが無残な姿をさらしていた。ロンドン西部の公営住宅「グレンフェル・タワー」(24階建て)で80人近くが死亡した火災から2カ月余。防火対策の不備や救出作業の遅れも徐々に明るみに出てきた。犠牲者は難民や移民など低所得層ばかり。現場を歩くと、成長から取り残された人たちの怒りが伝わってきた。

 「金持ちの家に必ずあるスプリンクラーがなぜなかったのか。命にも差別があるのか」。タワーのすぐ横を走る鉄道の高架下。ボランティアで住民を支援しているビクトリアさん(34)は怒りが収まらない様子だ。外壁に目をやると、「金持ちは出て行け!」とペイントされていた。

この記事は有料記事です。

残り1665文字(全文1960文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです