メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

俳優・仲代達矢さんの覚悟(その2止) 反戦、演じて伝える

「肝っ玉おっ母と子供たち」の台本読み合わせに臨む仲代達矢さん(右)。壁には「隆巴」の名で演出を担った妻の宮崎恭子さんの写真が飾られ、傍らでは愛用していたディレクターズチェアが見守る=東京都世田谷区の無名塾で2017年7月24日、手塚耕一郎撮影

 

 ◆仲代達矢さん、原点は戦争体験

 ♪今日は東へ 明日は北へ

  戦場から 戦場へ……

 舞台「肝っ玉おっ母と子供たち」の稽古(けいこ)が始まった7月24日。東京都世田谷区の無名塾の稽古場「仲代劇堂」にオープニングの歌声が響いた。

 無名塾を主宰する俳優、仲代達矢さん(84)は黒いTシャツに黒いジャージーといういでたち。約20人の出演者や音楽を担当する作曲家の池辺晋一郎さん(73)らスタッフ、公演の幕開けを飾る能登演劇堂のある石川県七尾市の教育長も姿を見せた。

 壁から、仲代さんの妻で1996年に亡くなった演出家の隆巴(りゅうともえ)(俳優名・宮崎恭子)さんの大きな遺影が見守る。29年前、隆さんの演出で初めて「肝っ玉おっ母」を演じた仲代さん。この日の読み合わせ前、深く通る声で一同に語りかけた。

この記事は有料記事です。

残り4235文字(全文4583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです