メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

がん あふれる不正確情報

がん情報サービスのホームページ

 がんの情報がインターネットや出版物にあふれている。不正確な内容も多く、その真偽を判断する手立てがない。自分が、または家族が、ある日突然がんを宣告されたら、どのように情報を集めればいいのか。

 ●「他に療法ないか」

 「治らないという医師の言葉に納得がいかなかった」。埼玉県在住の丸山隆さん(66)=仮名=の妻、昌子さん(66)=同=に昨年夏、ステージ4の乳がんが見つかった。骨や肝臓に転移し、手術はできない。「延命のための治療を」と、医師は「標準治療」の抗がん剤を勧めたが、隆さんは受け入れることができなかった。

 「ネットには『治った』という話がたくさんある」。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で妻の病を公表したところ、知人から多くの情報が寄せられた。食事療法やあらゆる民間療法。数々の情報の中から、隆さんは「免疫療法」に着目した。自由診療で高額だが、たまたまかけていた保険で費用が出ることも背中を押した。しかし、いざ治療を受けようと主治医に話したところ、強く反対された。隆さんは悩みに悩んだが、…

この記事は有料記事です。

残り2425文字(全文2880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです