メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哲学対話

子どもたちが取り組んだ1年間の記録

「こども哲学~アーダコーダのじかん」の一場面=アーダコーダ提供

 正解のない問いについて自由に話し合う「哲学対話」が広がっている。哲学カフェが人気のほか、保育園や小中学校の授業に取り入れられることも。子どもたちが1年間哲学対話に取り組んだ様子を記録した映画「こども哲学~アーダコーダのじかん」が31日までネットで無料公開されている。

 映画は、4~6歳の子どもたちが山歩きや天体観測をしながら「どうやって考えているの?」「宇宙はなんであるの?」「死んだらどうなるの?」などさまざまな問いについて話し合う様子を紹介。「好きな人はいる?」という問いに、女の子が「好…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]