哲学対話

子どもたちが取り組んだ1年間の記録

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「こども哲学~アーダコーダのじかん」の一場面=アーダコーダ提供
「こども哲学~アーダコーダのじかん」の一場面=アーダコーダ提供

 正解のない問いについて自由に話し合う「哲学対話」が広がっている。哲学カフェが人気のほか、保育園や小中学校の授業に取り入れられることも。子どもたちが1年間哲学対話に取り組んだ様子を記録した映画「こども哲学~アーダコーダのじかん」が31日までネットで無料公開されている。

 映画は、4~6歳の子どもたちが山歩きや天体観測をしながら「どうやって考えているの?」「宇宙はなんであるの?」「死んだらどうなるの?」などさまざまな問いについて話し合う様子を紹介。「好きな人はいる?」という問いに、女の子が「好…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集