メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哲学対話

子どもたちが取り組んだ1年間の記録

「こども哲学~アーダコーダのじかん」の一場面=アーダコーダ提供

 正解のない問いについて自由に話し合う「哲学対話」が広がっている。哲学カフェが人気のほか、保育園や小中学校の授業に取り入れられることも。子どもたちが1年間哲学対話に取り組んだ様子を記録した映画「こども哲学~アーダコーダのじかん」が31日までネットで無料公開されている。

 映画は、4~6歳の子どもたちが山歩きや天体観測をしながら「どうやって考えているの?」「宇宙はなんであるの?」「死んだらどうなるの?」などさまざまな問いについて話し合う様子を紹介。「好きな人はいる?」という問いに、女の子が「好…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです