メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

哲学対話

子どもたちが取り組んだ1年間の記録

「こども哲学~アーダコーダのじかん」の一場面=アーダコーダ提供

 正解のない問いについて自由に話し合う「哲学対話」が広がっている。哲学カフェが人気のほか、保育園や小中学校の授業に取り入れられることも。子どもたちが1年間哲学対話に取り組んだ様子を記録した映画「こども哲学~アーダコーダのじかん」が31日までネットで無料公開されている。

 映画は、4~6歳の子どもたちが山歩きや天体観測をしながら「どうやって考えているの?」「宇宙はなんであるの?」「死んだらどうなるの?」などさまざまな問いについて話し合う様子を紹介。「好きな人はいる?」という問いに、女の子が「好…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文618文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 町田女性殺害 被害者は頭蓋陥没 頭髪から数ミリのねじ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです