メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『海賊の世界史』=桃井治郎・著

 (中公新書・929円)

 歴史は現代を映す鏡。「海賊」への注目が、テロリズムへの関心からくることを著者も言う。主権国家との非対称戦争をいかに考えるかは、アウグスティヌスが『神の国』で引用したアレクサンドロスと名もなき海賊の「力とは、正義とは」という問答にまでさかのぼることが示される。海から歴史を見渡すと、主権国家が確立に向かう近世とは、海賊行為を公認する「私掠(しりゃく)状」という制度からして海…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  3. 防犯チラシを西宮署が回収 「女性に責任あるような表現だ」と苦情寄せられ
  4. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです