メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

湯川豊・評 『だめだし日本語論』=橋本治、橋爪大三郎・著

 (太田出版・1620円)

「日本語は音である」にもう一度帰ろう

 二人の異才による、日本語をめぐる対談である。橋爪氏は橋本氏を「知の巨人」といい、「日本語について話を聞くなら橋本さん」とも序文でいっているが、必ずしも聞き手だけに終っているわけではない。とりわけ中国語(つまり漢字)について詳しく、多くの鋭い発言がある。

 しかしこの二人、話を飛躍させるのが得意というべきか。「日本語の歴史は一本の流れではない」という二人に共通の認識があり、そこから話があちこちに飛んで、しかもそれがいちいち刺戟(しげき)的という本になっている。橋爪氏がいうように、日本語論は短い対談ではカバーしきれない大テーマなのだから、私は刺戟にみちた話の「部分」を箇条書きふうにここで紹介することにする。その知的刺戟の端々を伝えたいからだ。

この記事は有料記事です。

残り1090文字(全文1444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです