メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚

内田麻理香・評 『働きたくないイタチと言葉がわかるロボット』 川添愛・著、花松あゆみ・絵

 (朝日出版社・1836円)

おとぎ話で知る自然言語処理

 「昔々ではなくわりと最近、あるところに『イタチ村』という村がありました。村の住人はみな『イタチ』でした」……。本書はこんな出だしから始まるおとぎ話だ。このイタチたちは働くのがいやになったので、自分たちの代わりに働いてくれるロボットを作ろうとする。こちらの言うことが何でもわかってくれて、何でもできるロボット。つまり、現在の技術で人間たちが作ろうとしている「言葉がわかる」人工知能だ。

 本書はおとぎ話の体裁をとった「言葉を理解する機械のしくみ」の技術を解説する本、もしくは技術をテーマ…

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1423文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  2. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  5. NHK集金人に消火器噴射 ベトナム人実習生逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです