サッカー

J1 川崎2-1札幌 前線カルテット機能

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【川崎-札幌】後半、ヘディングシュートを放つ川崎の小林=等々力競技場で2017年8月19日、宮武祐希撮影
【川崎-札幌】後半、ヘディングシュートを放つ川崎の小林=等々力競技場で2017年8月19日、宮武祐希撮影

 (第23節・19日)

 ▽等々力 観衆18342

川崎 2 1-0 1 札幌

     1-1

13分・中村(川)

75分・小林(川)

80分・ヘイス(札)

 <川崎2-1札幌>

 前節で首位の鹿島に快勝した川崎。以前は取りこぼしてはいけない試合をものにできない弱さがあったが、この日は下位のチーム相手に勝ちきった。

 前線でプレーした小林、中村、阿部、家長の4人が攻撃を活性化させた。前半13分、家長の放ったシュートをGKがはじいたところにつめていた中村が押し込んで先制すると、後半30分には家長からのパスを登里が受け、中央へクロスを送り、小林が押し込んで追加点を奪った。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文445文字)

あわせて読みたい

注目の特集