メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 アメリカンコミックを原作としたアクション映画は、このたび新シリーズが公開されたスパイダーマンをはじめ、いま大流行ですね。ただ、スーパーマン、バットマン、アイアンマン、そしてスパイダーマンと、どれも男性のスーパーヒーローばっかり。スーパーガールやバットガールなど、女性のヒーローが登場することもあることはありましたけど、脇役が普通でした。

 ワンダーウーマンはそこが違う。コミックに最初に登場したのは1941年、スーパーマンやバットマンに優に匹敵する長い伝統があるのに、劇映画はこれが初めて。満を持してスクリーンに登場する女性スーパーヒーローです。

この記事は有料記事です。

残り1392文字(全文1665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです