メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

からだ・こころナビ

麻央さんが典型例ではない 米教授「乳がんの症状、経過は多様」

 著名人のがん闘病は社会へのインパクトが大きい。乳がんを患い、6月に34歳で死去したフリーアナウンサーの小林麻央さんが、亡くなる直前まで病状などをつづったブログは特に注目を集めた。

 米テキサス大MDアンダーソンがんセンターの上野直人教授は、麻央さんのブログが進行がんの闘病への関心を高めたことは大きな功績としつつ「乳がんが進行すると、誰もが彼女のような経過をたどると誤解した患者さんが多いのではないかと気掛かりだ」と話す。

 上野さんは抗がん剤治療のエキスパートである腫瘍内科医で、進行乳がんの治療を手掛けることが多い。上野…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文644文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメリカンフットボール 悪質タックル 日大内部、沈黙破る 「失望」「内田派一掃を」
  5. 米朝首脳会談中止 トランプ氏から金正恩氏への書簡全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]