特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

夏の高校野球

準々決勝の見どころ 天理投手陣対明豊打線

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第2試合で対戦も予想される<右>天理の碓井涼と<左>明豊の浜田=猪飼健史撮影
第2試合で対戦も予想される<右>天理の碓井涼と<左>明豊の浜田=猪飼健史撮影

第99回全国高校野球選手権大会第12日(20日・甲子園)

(左が一塁側)

○…準々決勝…○

 ▽第1試合(8時)

三本松(香川)-東海大菅生(西東京)

 2試合で4本塁打と打線に破壊力のある東海大菅生が優位に立つ。三本松はエース佐藤の踏ん張りが鍵。犠打を絡めた小技で崩せるか。

 ▽第2試合(10時半)

天理(奈良)-明豊(大分)

 天理の投手陣対明豊打線の構図。天理は右横手の碓井涼、左腕・坂根が2試合で1失点。明豊は2本塁打の浜田を中心に打撃戦に持ち込みたい。

この記事は有料記事です。

残り191文字(全文415文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る