メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

100歳を超えて、創作活動 入江一子さん

入江一子さん

 「死に物狂いで絵筆を握っています」。女流画家の入江一子さん(101)は、100歳を超えて、なお毎日、創作活動に打ち込む。

 色鮮やかなシルクロードの連作で知られるが、東京都の青梅市立美術館の「輝く女性 美術界における女流」展(9月3日まで)で紹介されている「魚」(1953年制作)は暗く深い色調だ。「当時の世相を反映しています」。戦後の混沌…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  5. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです