メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

1000円札の脱日常 ブックカフェ、知的な遊びゴコロで

「おひとりさま」用の大テーブル席は図書館のよう=東京都豊島区の「梟書茶房」で、小川昌宏撮影

 書店とカフェが一緒になったブックカフェが街中で目立つ。コーヒーを飲みながら店内に並ぶ本を自由に読むことができ、購入もできる。出版不況と言われて久しい今、なぜ人気なのだろう。【小松やしほ】

 多くの人が行き交う東京・池袋駅構内に直結する商業ビルの4階に「本と珈琲(コーヒー) 梟書茶房(ふくろうしょさぼう)」はある。全国に1300を超えるコーヒーショップを展開するドトールコーヒーが、今年6月30日にオープンした書店を併設したカフェだ。

 コンセプトは「Coffee Meets Books(コーヒー・ミーツ・ブックス=コーヒーと本の出合…

この記事は有料記事です。

残り2385文字(全文2652文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです