メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビューに答える神明の藤尾益雄社長=神戸市中央区で、菅知美撮影

食品事業に次々出資 コメの消費、創り出す

 日本人のコメ離れに歯止めがかからない。その中で、「あかふじ米」で知られるコメ卸最大手、神明(神戸市中央区)が事業多角化を積極的に進めている。2015年の回転ずしチェーン、元気寿司の子会社化、16年のワタミとの資本業務提携、今年7月の雪国まいたけ(新潟県南魚沼市)への出資など、相次いで事業領域を拡大している。藤尾益雄社長(52)にその狙いを聞いた。【聞き手・土居和弘、写真・菅知美】

 --積極的に事業の多角化を進めていますね。

この記事は有料記事です。

残り1360文字(全文1594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです