メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

狩猟者登録

「第1種銃猟」減少顕著 鳥獣の食害拡大懸念 県猟友会や県、免許試験などサポート活動 昨年度の県内 /静岡

県猟友会が開いた「狩猟免許試験予備講習会」で模擬銃を使った実技指導を受ける参加者ら=静岡市葵区で

 2016年度の県内狩猟者登録のうち、散弾銃やライフル銃を使用する「第1種銃猟」の登録が2839人と、前年度より119人減少したことが、県への取材で分かった。登録数は年々減少傾向にある一方、野生鳥獣による農林産物の被害は深刻な状況が続く。県や猟友会は、担い手不足による田畑などへの被害拡大を懸念している。【井上知大】

 県自然保護課によると、空気銃の「第2種銃猟」と「わな猟」「網猟」を含めた全体の狩猟者登録も減少傾向…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1122文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  3. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  4. 「桜を見る会」安倍政権で拡大 支出は当初予算の3倍 「政権近い人招待」と批判も
  5. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです