メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
おおさかの市民パワー

トッカビ ルーツをありのままに 民族の歴史・文化を学ぶ /大阪

トランプで遊ぶ子供たちと、トッカビ代表理事の朴洋幸さん(右端)=大阪府八尾市南本町7で、金志尚撮影

 <子ども・教育><国際・共生>

 外国にルーツを持つ住民が多い八尾市。古くは在日コリアンに始まり、今はベトナムや中国の人たちもよく見かける。日本社会に軸足を置きながら外国にルーツを持つ彼ら、とりわけ子供たちを長年にわたって支えてきたのが、NPO法人「トッカビ」だ。

 夏休み真っ盛りの8月上旬。八尾市内のトッカビの事務所を訪れると、地元の小学生たちがトランプゲームに興じていた。飛び交う言葉は日本語だが、ルーツはみんな日本以外にある。聞けば、ベトナム、中国、そして朝鮮半島という。ここでは誰にも気兼ねせず、自らのルーツをさらけ出せる。

 「ルーツを隠さずに出せる空間があることが大切」とトッカビ代表理事の朴洋幸(パクヤンヘン)さん(48…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1210文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 日韓外相、元徴用工問題で「意思疎通の継続」一致

  3. 日中韓外相でも日韓が火花 韓国、輸出規制撤回要求 日本「不適切」

  4. 京都市内ホテル 外国人比率、過去最高 上半期の宿泊状況 /京都

  5. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです