メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

宇和島市長選/宇和島市議選 市長選、新人一騎打ち 告示 /愛媛

愛媛・宇和島市長選の立候補者。(右から届け出順に)岡原文彰氏、兵頭司博氏=いずれも愛媛県宇和島市内で、成松秋穂撮影

 任期満了に伴う宇和島市長選と市議選が20日、告示された。市長選はいずれも無所属新人で元市議の岡原文彰氏(47)、兵頭司博氏(56)の一騎打ちとなり、それぞれ第一声で支持を訴えた。【成松秋穂】

 ◆立候補者第一声(届け出順)

市民主権、取り戻す 岡原文彰(おかはら・ふみあき) 47 無新

 市議活動の中で感じたことは、少ない価値観のなかで物事が決められているということ。これではだめだ。このまちは宇和島市民のもので、主役は皆さんだ。これをしっかり取り戻していきたいという気持ちひとつで、市長選に挑戦する。

 6年半あまり街頭演説をやってきて、皆さんから「頑張れよ」と声をかけられたことが私の原動力だ。

この記事は有料記事です。

残り1046文字(全文1343文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  2. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです