メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被災者支援法

8割「拡充を」 首長、要件見直し訴え 都道府県・政令市、毎日新聞調査

 大規模災害の被災者に最大300万円を支給する被災者生活再建支援法について、毎日新聞が全国47都道府県と20政令市の首長計67人にアンケートしたところ、8割超の58人が現行法を「見直すべきだ」と答えた。法の適用要件の緩和や支給対象の拡大など58人全員が支援の充実を求めた。20日で発生から3年の広島土砂災害や熊本地震、九州北部豪雨など適用対象となる災害が相次ぐ中、支援拡充を望む声が高まっている。

 支援法は1市町村で10世帯以上か、1都道府県で100世帯以上が全壊するなどの要件に該当する災害に適…

この記事は有料記事です。

残り1628文字(全文1876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  2. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです