メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペインテロ

宗教指導者主導か モロッコ人容疑者過激化

 【バルセロナ(スペイン北東部)賀有勇】スペイン北東部バルセロナとカンブリスで起きた車を使った連続テロで、犯行グループの容疑者らが、バルセロナ北100キロの町リポルで45歳のモロッコ人のイマーム(イスラム教宗教指導者)の影響を受け過激化した可能性があると、スペインメディアが19日報じた。捜査当局は、イマームがテロ計画で中心的役割を果たした可能性も視野に捜査を進めている。

 リポルには1990年代にモロッコ人を中心に多くの移民が流入。移民系住民は人口約1万人の10%を占め…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 福岡・天神ビブレが来年2月閉店 「天神コア」「福岡ビル」合わせ再開発

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです