メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペインテロ

宗教指導者主導か モロッコ人容疑者過激化

 【バルセロナ(スペイン北東部)賀有勇】スペイン北東部バルセロナとカンブリスで起きた車を使った連続テロで、犯行グループの容疑者らが、バルセロナ北100キロの町リポルで45歳のモロッコ人のイマーム(イスラム教宗教指導者)の影響を受け過激化した可能性があると、スペインメディアが19日報じた。捜査当局は、イマームがテロ計画で中心的役割を果たした可能性も視野に捜査を進めている。

 リポルには1990年代にモロッコ人を中心に多くの移民が流入。移民系住民は人口約1万人の10%を占め…

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです