メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

「AI兵器」の危うさ 国連軍縮担当上級代表・中満泉氏

中満泉氏=藤井太郎撮影

偶発戦争避ける工夫を

 人工知能(AI)を搭載したロボットが自ら判断して敵を殺す--。そんな自律型致死兵器システム(LAWS=ローズ)=1=と呼ばれる兵器の開発や使用が懸念されている。規制などを検討する国連の政府専門家会合が11月に始まるのを前に、国連軍縮部門トップである軍縮担当上級代表の中満泉さん(54)に問題点を聞いた。【聞き手・千葉紀和、写真・藤井太郎】

--なぜ今、LAWSの国際規制を議論する必要があるのですか。

この記事は有料記事です。

残り2961文字(全文3171文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです