メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/5 「スパイの代償」一身に

米ニューヨーク国連本部の前で再会を喜ぶムサブ・ユセフ氏(写真右)とイスラエル対内諜報機関シンベト元幹部、ゴネン・ベンイツハク氏=ベンイツハク氏提供

ハマスの息子、暗殺回避への活動

 「ハマスのメンバーに会うのは初めてだった。凶暴なモンスターを想像していたが、座っていたのは私のように臆病そうな青年だった」。パレスチナ人らが対象のイスラエル対内諜報(ちょうほう)機関シンベト元幹部、ゴネン・ベンイツハク氏(46)が20年前の記憶をたどる。

 青年は、第2次インティファーダ(民衆蜂起、2000~05年)当時、イスラム原理主義組織ハマスのヨルダン川西岸地区トップだったハッサン・ユセフ氏(62)の長男ムサブ氏(39)。「繰り返し収監される父親にかわって、家族を守っていた」(母サブハさん)。1996年に「テロ容疑」で逮捕されたが「僕は平和運動家」と否認。だが担当官はハマス大幹部の息子をスパイにと考えてこう返した。「シンベトも暴力を沈静化させようとしている。その意味では平和活動だ。共に暴力をなくそう」。ムサブ氏は出所後の97年、協力に同意。ハンドラー(担当)となったベンイツハク氏は父親の側近に就くよう促した。ハマスの旗は緑色。シンベトはムサブ氏をグリーン・プリンスと呼んだ。

 イスラエル軍諜報機関アマン工作部門(504部隊)元幹部のデビッド・バルカイ氏によると「軍はスパイ候…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです