メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

社員食堂 健康志向へ進化

さまざまな総菜が並ぶヤフーの社員食堂ビュッフェ=東京都千代田区で、塩田彩撮影

 企業の福利厚生の一環である社員食堂が進化している。安価で食事を提供するだけでなく、社員の健康保持やコミュニケーションの場にする食堂も増えてきた。背景にあるのは、社員が健康に働くことが会社の収益につながる「健康経営」という考えだ。

 ●打ち合わせ利用も

 ガラス張りの窓から明るい光が入る約3000平方メートルの1フロアが、ヤフー本社(東京都千代田区)の社員食堂兼カフェスペースだ。座席数は約820席。関連企業も含め1日約2600人がランチ利用する巨大食堂だ。入り口付近の上部に設置された画面には、その日の定食や麺類、丼もののメニューが写真付きで表示される。調理場に製麺機を備えたうどんやスパイスから調合したオリジナルカレー、新鮮な野菜や和食総菜を好きなように組み合わせることのできるビュッフェなど、内容も充実。併設のカフェで焼きたてのパンも食べられる。他企業や行政の関心が高く、視察も絶えないという。

 食堂開設のきっかけは昨年10月、本社が港区から現在の場所に移転したこと。それまで社員食堂は本社から…

この記事は有料記事です。

残り1747文字(全文2196文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]