メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水出し茶のいれ方

 残暑の季節、氷の浮かぶ冷たい日本茶で涼を楽しんではいかがだろう。日本茶は湯でいれることが一般的だが、冷たい水でいれるとさっぱりした甘みのある味が楽しめる。伊藤園の「ティーテイスター制度」で1級の資格を持つ同社国際本部の浜田ゆみ子さんに冷たい水を使った水出し茶のいれ方を教えてもらった。

 ●葉と氷と急須だけ

 緑茶の味わいは主に渋みのあるカテキンや苦みのあるカフェイン、甘みのあるアミノ酸から成る。熱い湯でいれると渋みのあるカテキンが多く出てくるが、冷たい水でいれるとアミノ酸の比率が多くなるため、さっぱりした甘みのあるお茶ができあがる。

この記事は有料記事です。

残り826文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです