メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

塚本邦雄の全歌集=酒井佐忠

 戦後の日本に批評的な眼差(まなざ)しを注いだ歌人・塚本邦雄の全容を知る『文庫版塚本邦雄全歌集』(全8巻、短歌研究社)の刊行が始まった。第1回配本は、2005年に没する前の10年間に編まれた三つの歌集『汨羅變(べきらへん)』『詩魂玲瓏』『約翰(ヨハネ)傳僞書(でんぎしょ)』のほか未収録作品などを収める『第八巻』。短歌人生の総決算となる最晩年の貴重な作品群だ。『詩魂玲瓏』以後の2冊は、これまでの『全集』(ゆまに書房)には入っていない。

 かつて前衛短歌の巨匠と呼ばれた塚本だが、彼が短歌に求めたものは多岐にわたる。「塚本短歌は、それぞれ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです