メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
詩歌の森へ

塚本邦雄の全歌集=酒井佐忠

 戦後の日本に批評的な眼差(まなざ)しを注いだ歌人・塚本邦雄の全容を知る『文庫版塚本邦雄全歌集』(全8巻、短歌研究社)の刊行が始まった。第1回配本は、2005年に没する前の10年間に編まれた三つの歌集『汨羅變(べきらへん)』『詩魂玲瓏』『約翰(ヨハネ)傳僞書(でんぎしょ)』のほか未収録作品などを収める『第八巻』。短歌人生の総決算となる最晩年の貴重な作品群だ。『詩魂玲瓏』以後の2冊は、これまでの『全集』(ゆまに書房)には入っていない。

 かつて前衛短歌の巨匠と呼ばれた塚本だが、彼が短歌に求めたものは多岐にわたる。「塚本短歌は、それぞれ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文598文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 各地で猛暑 埼玉で38度の予想 「命の危険」気象庁、注意を呼びかけ

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「けいおん!」「聲の形」など 松竹が京アニ映画の特集上映を発表

  4. 「全員野球できた」鶴岡東主将、全力出し切り「悔いはない」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです