メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

おんなのしんぶん・サヘル・ローズ

瞳に映る風景 笑わなくていい

=根岸基弘撮影

 笑わなくていい。このシンプルなひと言に私は何度も救われた。口角を上げていると確かに周りを包み込む空気は変わります。笑顔はいい感染菌だと思います。そして幸せの呼び鈴でもある。けど、笑い疲れることはありませんか? 私はあります。「笑っていれば必ずいい方に向かう」。確かにそうですが、泣くことでスペースができるから、幸せや、いいことも入ってこられます。

 苦しい時、悲しい時、悔しい時は無理に笑わず泣くことが大切。ふと思い返すと、大人になってから声をあげて泣くことが減りました。小さい頃は声を出して泣いていたのに、大人になればなるほど、無意識のうちに自分の感情をおさえてしまう。でもね、泣きたい時にちゃんと泣かないと人は壊れてしまう。日本の方は我慢強いと思います。響きのいい言葉に感じますが、それだけ内面は傷だらけの社会でもある。だからこそ、現代の社会の…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです