陸上

九州選手権 岡部と当間、最優秀選手

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第72回九州陸上選手権(九州陸上競技協会、毎日新聞社主催)は最終日の20日、宮崎市のKIRISHIMAハイビスカス陸上競技場で男女計20種目で決勝があった。最優秀選手は男子三段跳びの岡部優真(福岡大)と、女子やり投げで大会新を出した当間汐織(九州共立大)が選ばれた。

 男子は、200メートルを大瀬戸一馬(安川電機)が制し、100メートルと合わせて2年連続2冠を達成した。1500メートルは中村信一郎(九電工)が制し、5000メートルとの2冠。やり投げは河野充志(九州共立大)が2年ぶりの優勝。

 女子は、走り幅跳びを桝見咲智子(九電工)が制し、三段跳びと合わせて2年連続2冠。100メートル障害の清山ちさと(いちご)は2連覇、砲丸投げの太田亜矢(福岡大)は4連覇を達成し、200メートルは松田優美(いちご)が3年ぶりに制した。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1436文字)

あわせて読みたい

注目の特集