メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絶滅危惧種

キタオットセイの赤ちゃんが誕生 沼津

15日に生まれたキタオットセイの赤ちゃん(左)=沼津市内浦長浜の伊豆・三津シーパラダイスで、2017年8月17日、垂水友里香撮影

 静岡県沼津市内浦長浜の水族館「伊豆・三津シーパラダイス」で8月、絶滅危惧種のキタオットセイの雌の赤ちゃんが誕生した。同館は1984年から本格的にキタオットセイの飼育を行っており、この10年間で生まれた赤ちゃんは42頭になった。

 同館によると、キタオットセイの赤ちゃんは15日午前8時半ごろ、スタッフが飼育舎で生まれているのに気づいた。父親のタロは以前、宮城県の水族館で飼育されていたが、2011年の東日本大震災で被災したため、12年に同館にやってきた。

 国際水産資源研究所(静岡市清水区)などによると、キタオットセイは北太平洋に生息し、東日本沖で越冬する。かつては毛皮を取るため乱獲された。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです