メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
御嶽山

噴火警戒レベル1に 

噴火警戒レベルが1に引き下げられたことを受けて記者会見する御嶽山火山防災協議会会長の瀬戸進王滝村長(中央)と原久仁男木曽町長(左)=長野県木曽町の木曽合同庁舎で2017年8月21日、松澤康撮影

 2014年9月に噴火した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)について、気象庁は21日、火口周辺警報を解除し、噴火警戒レベルを現在の2(火口周辺規制)から、一番低い1(活火山であることに留意)に引き下げた。火山活動の静穏化の傾向が続いており、火口から1キロの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性が低くなったと判断した。レベル1への引き下げは、噴火直後以来、約2年11カ月ぶり。

 気象庁は、長野県木曽町で同日開かれた御嶽山火山防災協議会で火山活動の状況を説明。地元自治体の対応の…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文672文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです