メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山

噴火警戒レベル1に 

噴火警戒レベルが1に引き下げられたことを受けて記者会見する御嶽山火山防災協議会会長の瀬戸進王滝村長(中央)と原久仁男木曽町長(左)=長野県木曽町の木曽合同庁舎で2017年8月21日、松澤康撮影

 2014年9月に噴火した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)について、気象庁は21日、火口周辺警報を解除し、噴火警戒レベルを現在の2(火口周辺規制)から、一番低い1(活火山であることに留意)に引き下げた。火山活動の静穏化の傾向が続いており、火口から1キロの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性が低くなったと判断した。レベル1への引き下げは、噴火直後以来、約2年11カ月ぶり。

 気象庁は、長野県木曽町で同日開かれた御嶽山火山防災協議会で火山活動の状況を説明。地元自治体の対応の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「池に人が浮いている」通報 60~70代女性死亡 井の頭公園
  3. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす
  4. 熊本地震3年 「ワンピース」のキャラクター像8体 設置自治体を決定 熊本県
  5. 新元号 「令和元年」カレンダー 八潮のメーカーが制作 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです