メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北ア遭難

沢の水、チョコ食べ…74歳男性1週間ぶり救助

北アルプス

 富山県警は20日、同県黒部市の北アルプス・南越沢(標高約1000メートル)で、1人で登山中に行方不明となっていた広島市安佐南区、アルバイト、筒井清之さん(74)を1週間ぶりに救助した。衰弱しているが目立った外傷はなく、命に別条はない。沢の水を飲むなどして救助を待っていたという。

 県警黒部署によると、筒井さんは13日午後4時ごろ、誤って登山道から約10メートル下の沢付近に滑落した。急斜面で登れなかったため、現場にとどまって沢の水を飲み、持参したチョコレート数枚を小分けにして食べ、寒さや降雨はかっぱを着てしのいだ。捜索中の県警ヘリが20日午前9時ごろ、タオルを振っている筒井さんを発見した。

 筒井さんは登山歴25年。10日に新潟県側から白馬岳に入山し、12日に長野・富山両県境の唐松岳の山荘に宿泊した。その後、下山予定の14日を過ぎても帰宅せず、家族が広島県警に届け出ていた。【古川宗、近藤諭】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西部邁さん死去 多摩川で入水自殺か 78歳、遺書残し
  2. 卓球 14歳張本、父とつかんだV 笑顔で駆け寄る
  3. 大雪 23区、積雪の恐れ ピークは帰宅時間帯
  4. NHK 放送済みの番組を宣伝
  5. 車同士衝突 弾みでぶつかった自転車の高校生が死亡 埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]