メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神宮外苑花火大会

1万2000発の光にクレーン照らされ

新国立競技場の建設現場近くで夜空を彩る花火=東京都渋谷区で2017年8月20日午後7時51分、和田大典撮影

 夏の都心の空を彩る「2017神宮外苑花火大会」が20日、東京都新宿区の会場で開かれ、神宮球場などの観覧席を埋めた約7万人が夜空を見上げた。

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催まで3年となり、打ち上げ場所近くで建設が進められている新国立競技場では、立ち並ぶクレーンが約1万2000発の花火の光に照らされていた。

 家族4人で建設現場近くから観賞した文京区の会社員、後藤健太さん(48)は「競技場を造っているのは今しかないので、今年ならではの光景と一緒に花火を楽しめました」と話した。【和田大典】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤使用 芸能事務所社長を逮捕 警視庁
  2. 伊ベネチア 日本人ぼったくり被害 レストランで学生4人
  3. 改正刑法 女性から女性の性暴力置き去り
  4. NHK 放送済みの番組を宣伝
  5. 窃盗 アンミカさん宅被害、マネジャーの男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]