メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの人に会った

山井綱雄さん 能楽師

[PR]

 ◆いにったひと

砂田柊真すなだしゅうまさん(岐阜市立長良西小ぎふしりつながらにししょうねん

ロックとの共演きょうえんかなえ

 山井綱雄やまいつなおさんは1400ねん歴史れきしがある能楽最古のうがくさいこ流派りゅうは金春流こんぱるりゅう」の能楽師のうがくしです。山井やまいさんが出演しゅつえんした「義経記ぎけいき」をて、そのなめらかな動作どうさ感動かんどうしたという砂田柊真すなだしゅうまさんが東京都渋谷区とうきょうとしぶやく国立能楽堂こくりつのうがくどうでインタビューし、のう体験たいけんしました。

 山井やまいさん 舞台ぶたいがってみましょう。能舞台のうぶたい日常にちじょうとはちが空間くうかんです。能面のうめんをつけるということは、「人間にんげんじゃないもの」になること。だから普段ふだんとはちがうごきをします。

 柊真しゅうまさん 能面のうめん視野しやはどのくらいせまいのですか?

 山井やまいさん 能面のうめんってきているからつけてみようか。岐阜ぎふで「義経記ぎけいき」をてくれたんだよね。あのとき一番難いちばんむずかしかったのは、静御前しずかごぜんやくです。はげしいうごきよりも、しずかにうごほうむずかしい。おな種類しゅるい能面のうめんがこれです。無表情むひょうじょうえるけど、かたむけるとうれしそうになったり、かなしそうになったりするでしょう。つけてすこうごいてみましょうか。どんなかんじ?

 柊真しゅうまさん あまりまええないです。

 山井やまいさん そうでしょう。ほとんどえないから、じつ種明たねあかしをすると、舞台ぶたい四方しほうはしら目印めじるしにしてるんですよ。あのはしらがなくなったら、能楽師のうがくし舞台ぶたいからバラバラとちます(わらい)。

 柊真しゅうまさん 義経記ぎけいきでは、ロック歌手かしゅのデーモン閣下かっか共演きょうえんしていました。なぜジャンルのことなるひとたちと一緒いっしょ活動かつどうするのですか?

 山井やまいさん 柊真しゅうまさんのように、いろいろなひとのう興味きょうみってくれるといいな、とおもっているんですよ。

 柊真しゅうまさん どものころのゆめなんでしたか?

 山井やまいさん ちょうどぼくが柊真しゅうまさんくらいの小学生しょうがくせいのとき、はじめてテレビでデーモン閣下かっかたちのロックバンド「聖飢魔2(せいきまつ)」をだいファンになりました。それからギターを練習れんしゅうしてバンドをみました。ぼくのゆめひとつは、あこがれのデーモン閣下かっかおな舞台ぶたいつこと。「義経記ぎけいき」でかなったんです。10ねんくらい共演きょうえんしているんですが、いまでもしんじられないです。

 柊真しゅうまさん どうしたらゆめがかないますか?

 山井やまいさん こころにためているより、いろいろなひとかたるべきだとおもいます。きっとたすけてくれるひとがいるから。「有言実行ゆうげんじっこう」です。だまっていたらだれもわからないでしょう。【まとめ・斎藤広子さいとうひろこ

ってみて…

 砂田すなださん とてもやさしいひとで、舞台ぶたいげてくれて、のうについて丁寧ていねい説明せつめいしてくれたので、「のうめん視野しやがどのくらいせまいのか」とか、疑問ぎもんおもっていたことがよくわかりました。「ゆめはどんどんはなしたほうがいい。たすけてくれるひとがいるから」という言葉ことば一番印象いちばんいんしょうのこりました。


 1973年生ねんうまれ、横浜市出身よこはまししゅっしん国学院大学卒こくがくいんだいがくそつ金春流能楽師こんぱるりゅうのうがくしだった祖父そふ影響えいきょうで5さい初舞台はつぶたい小学しょうがくねんはつシテ(主役しゅやく)「経政つねまさ」をつとめた。趣味しゅみはロックバンド活動かつどうとプロレス観戦かんせん


 このコーナーは、毎小特派員まいしょうとくはいんのみなさんと取材しゅざいします。直接会ちょくせつあって質問しつもんしてみたいひと名前なまえをはがきにいて(あなたの名前なまえ住所じゅうしょ電話番号でんわばんごう学年がくねん性別せいべつもね)、〒100-8051(住所じゅうしょはいりません)毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶんいたい」がかりまで。特派員とくはいん登録とうろくは「特派員とくはいんがかりまで。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです