メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/4 旅の本屋 のまど(東京・西荻窪) 行きたい場所つなぐ5000冊

 中央線には本が似合う。古くは井伏鱒二や太宰治、今でも文化人が沿線に住み、車内では本を手にしている乗客が心なしか多いように思える。新宿から約15分、西荻窪に到着。周囲には古書店や古美術店も点在する落ち着いた駅だ。北口から歩くこと3、4分、「旅の本屋 のまど」はある。目印は青い枠のドアと窓。「旅」をキーワードに約5000冊が集まる。

 「ふらっと入ってきたお客さんに、旅行に興味を持っていただきたいです」。静かな口調で話すのは店主の川…

この記事は有料記事です。

残り1128文字(全文1344文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです