温暖化防止セミナー

2100年、最高気温42度に 気象予報士が説明 大津 /滋賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ペットボトルを使って雲ができる仕組みを説明する蓬莱大介氏(左から2人目)=大津市打出浜2のコラボしが21で、小西雄介撮影
ペットボトルを使って雲ができる仕組みを説明する蓬莱大介氏(左から2人目)=大津市打出浜2のコラボしが21で、小西雄介撮影

 県地球温暖化防止推進センターは19日、気象予報士の蓬莱(ほうらい)大介氏らを招き、地球温暖化防止について学ぶセミナーを大津市打出浜2のコラボしが21で開いた。夏休み中の親子ら約160人が参加した。

 蓬莱氏はクイズを交えながら、地球温暖化が豪雨や異常気象、農作物の凶作を招くことを説明。過去の気温の上昇率をもとに算出した「2…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

あわせて読みたい

注目の特集