厚労省

屋外喫煙所に交付税方針 規制強化の不満に配慮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 厚生労働省は来年度、受動喫煙対策強化に関連し、屋外の公共喫煙所を設置する市区町村に対して財政支援する方針を固めた。屋内での喫煙規制強化への喫煙者らの不満に対し、市区町村の判断によって屋外に喫煙場所を確保できるようにする。飲食店の喫煙所設置への助成も前年度の3倍に増額するなど計55億円の関連経費を2018年度予算の概算要求に盛り込む。

 政府は、秋の臨時国会で屋内の受動喫煙を規制する健康増進法改正案の提出を目指している。20年の東京五輪・パラリンピックに向け、国際的に緩いとされる受動喫煙対策を強化する方針だ。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文549文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集