文・韓国大統領

「未来志向で」 日韓議連会長らと会談 徴用工問題など議論

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル大貫智子】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は21日、訪韓した日韓議員連盟の額賀福志郎会長らと青瓦台(大統領府)で会談した。額賀氏によると、日本の植民地時代の徴用工問題や慰安婦問題について議論したうえで、未来志向の日韓関係を構築する方針で一致した。徴用工問題は文氏が先週、未解決との認識を示しており、日本側は問題の再燃を警戒している。

 額賀氏は会談後、記者団に対し、歴史問題について「率直に意見交換した」としたうえで、文氏が「韓日は価値観も、歴史的にも文化的にも近い。未来志向でやっていきたい」と応じたと述べた。文氏は15日の演説で、徴用工問題は未解決との認識を表明し、17日の記者会見では、個人請求権は消滅していないと大統領として初めて明言。個人請求権は消滅していないとの判断を示した2012年の韓国最高裁判決に触れ「政府はそうした…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文814文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集