メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2017

民進分裂回避を優先 代表選、保守VSリベラル 野党共闘が焦点

 21日告示の民進党代表選は前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)の一騎打ちとなった。離党者が相次いで分裂含みの危機が続く中、党内からは代表選後の党内融和を求める声が強い。両氏も「目指す社会像は同じ」と分裂回避を模索するが、旧民主党からの課題である政策のぶれが続くことにもなりかねず、今後の論戦では安倍政権との「対立軸」の設定に苦心しそうだ。【笈田直樹、影山哲也】

 前原氏「24年間の国会議員としての全ての経験を生かし、政治生命をかけて党をまとめたい」

この記事は有料記事です。

残り2188文字(全文2419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 大阪で431人が新たに感染 6日連続400人以上 死者は10人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです