メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
民進党代表選

告示 推薦人、支持層を反映 保守とリベラル系に

 21日告示の民進党代表選に立候補した前原誠司元外相(55)と枝野幸男前幹事長(53)の推薦人(国会議員)は、それぞれの支持層を反映し、保守系とリベラル系に分かれた。

 離党届を出している2人を除く党所属国会議員は142人。前原氏は党内主要8グループのうち、自身のグループを含む5グループが支援し、推薦人は上限の25人(衆院15人、参院10人)。大島敦元副総務相や旧維新の党の松野頼久衆院議員ら3グループの代表、原口一博元総務相など、保守系を中心に幅広い層が推薦した。

 一方、枝野氏の推薦人は23人(衆院12人、参院11人)。リベラル系グループを率いる赤松広隆元農相や…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文614文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. ブラジル アマゾン火災 仏「議題に」

  4. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです