メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/6 名門一族からスパイ

名門パレスチナ一族ラジューブ家に生まれたアベド・ラジューブ氏は23年間、イスラエル対内諜報機関シンベトのスパイだった=イスラエル南部アシュケロンで

パレスチナ社会を分断

 イスラエルが1967年の第3次中東戦争以降、占領を続けるヨルダン川西岸地区。その南部ヘブロン出身の名門一族ラジューブ家に生まれたアベド・ラジューブ氏(58)は、81年から23年間、イスラエルの対内諜報(ちょうほう)機関シンベトのスパイだった。一族は現在も、パレスチナ自治政府の主流派政党ファタハ幹部らを輩出している。

 スパイへの勧誘を受け入れたのは、ファタハの域外諜報員だった80年。パレスチナ国家建設の実現性を悲観…

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1686文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです