メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル・エンドレスウォー

第3章 インテリジェンス最前線/6 名門一族からスパイ

名門パレスチナ一族ラジューブ家に生まれたアベド・ラジューブ氏は23年間、イスラエル対内諜報機関シンベトのスパイだった=イスラエル南部アシュケロンで

パレスチナ社会を分断

 イスラエルが1967年の第3次中東戦争以降、占領を続けるヨルダン川西岸地区。その南部ヘブロン出身の名門一族ラジューブ家に生まれたアベド・ラジューブ氏(58)は、81年から23年間、イスラエルの対内諜報(ちょうほう)機関シンベトのスパイだった。一族は現在も、パレスチナ自治政府の主流派政党ファタハ幹部らを輩出している。

 スパイへの勧誘を受け入れたのは、ファタハの域外諜報員だった80年。パレスチナ国家建設の実現性を悲観しての決断だったという。「我々はイスラエルとの戦いに勝てるのか。イスラエルはすでに国家として根を下ろしている。イスラエルで少数派として生きる方が現実的ではないのか」

この記事は有料記事です。

残り1385文字(全文1686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 今週のNHK連続テレビ小説 おちょやん

  4. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです