メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊藤忠商事

がん治療、仕事両立支援 がんセンター提携、無償で検診

 伊藤忠商事は21日、社員のがんを早期発見し、がんが見つかった場合は仕事と治療を両立できる新たな支援策を策定したと発表した。国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)と提携し、無償で社員にがん検診を実施してセンターに健康情報を提供する代わりに、がんが発見された場合は優先的に治療を受けられるようにすることが柱。同社によると、企業がセンターと提携するのは初めて。

 伊藤忠商事では、現役社員の病死の9割をがんが占める。がんが見つかっても、安心して働きながら治療に専念してもらいたいと支援策を策定した。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文505文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  2. 分かれても「民主党」 立憲、国民、衆院比例代表で同じ略称 票は「案分」へ

  3. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  4. チームの浮沈で学んだ「一喜一憂しても仕方ない」 ヤマハの窮地救った31歳 都市対抗東海2次

  5. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです