展覧会

絹谷幸二展内覧会 色鮮やか120点、880人が見入る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「絹谷幸二 色彩とイメージの旅」展(毎日新聞社など主催)の開会式と内覧会が21日、京都市左京区の京都国立近代美術館であり、招待客約880人がエネルギーに満ちあふれた作品に見入った。開幕は22日。

 画家で文化功労者の絹谷幸二さんの作品は色鮮やかな画風が特徴。展覧会は初期の代表作から京都の風景をテーマ…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

あわせて読みたい

注目の特集