メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

フェイクグリーン 「植物」のある生活、手軽に

パキラやサンセベリア、ウンベラータなど床に置ける大きな観葉植物も種類が豊富だ

 <くらしナビ ライフスタイル>

 部屋に植物を飾りたいが、夏場は室温が上がりすぎたり、留守にする日が増えたりで長持ちしない。メンテナンスに悩むなら、いっそ「フェイクグリーン」を取り入れてはどうだろう。本物そっくりの植物の魅力を探った。

 「植物が好きでいつもそばに置きたい人にこそ、フェイクグリーンを試していただきたい」。そう話すのは関東、関西などに直営店を持つ造花専門店「PRIMA(プリマ)」のブランドマネジャー、加藤瑞実(たまみ)さん(40)だ。

 作りものの観葉植物、造花は以前からあるが、生花に見劣りし安っぽく見えるものが少なくなかった。近年注目されているフェイクグリーンはポリエステルなどでできており、葉の色や厚み、質感が本物にかなり近いことが特徴。本物の植物を置いて緑のある暮らしがしたいが、日当たりがよすぎる(悪すぎる)▽留守がちで水やりが大変▽大きく育ちすぎると飾れなくなる▽植え替えが面倒▽植物に付く虫が苦手▽病室に飾りたい--。こう…

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです