メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

自分見つめ直す「死の旅」

ワークショップ「死の体験旅行」を進行する浦上哲也さん(右)=東京都豊島区で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 人はいつか必ず死ぬ。とはいえ、元気なうちに死を意識する機会はほとんどない。死とはどんなものなのだろう。病に倒れ、死を迎えるまでを仮想体験するワークショップ「死の体験旅行」が人気だ。死と向き合う旅に出た。

 ●住職が講座主宰

 平日の午後7時、東京都豊島区の仏教寺院「金剛院」。スーツ姿の男性、熟年夫婦、若い女性ら28人が集まった。バーチャルであっても、三途(さんず)の川を前に緊張した面持ちだ。

 「自分の命を終えていくとき、どんな気持ちになるのかを想像してください」。ワークショップを主宰する横浜市の「倶生山(ぐしょうさん)なごみ庵」住職、浦上哲也さん(43)が語りかけ、名刺サイズのカードを20枚配った。自分が大切にしているものや大事な人の氏名を書き留めるためのカードだ。私が書いたのは、亡くなった親友の形見、家族の名前、つい1週間前に他界した祖母との思い出--。大切なものを思い返しながら記…

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1494文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです