メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路の風景

漫才ブーム 上方パワー「どん底」からの爆発 作家とテレビが支え

若手漫才師の勉強会が開かれていた「きんえいアポロビル」の前で当時を振り返る金森三夫さん=大阪市阿倍野区で、久保玲撮影

 1980年の幕開けと共に、突如として起こった漫才ブーム。後に伝説となった漫才番組が生まれ、B&Bやザ・ぼんちなど当時の若手コンビを一夜にしてスターの座に押し上げた。約2年続いた熱狂は「お笑い」の地位を底上げし、上方漫才は全国区に。ブーム直前から関西で演芸を取材してきた元新聞記者の金森三夫さん(69)は、熱狂前夜の上方漫才界での取り組みに、その萌芽(ほうが)をみる。【山田夢留】

 金森さんが大阪新聞(2002年休刊)で落語や漫才など演芸の取材に携わるようになったのは75年。同じ…

この記事は有料記事です。

残り1873文字(全文2113文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  4. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです