メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

闘牛女子

男たちの伝統行事に新風

闘牛を囲む女子部のメンバー=新潟県長岡市山古志南平で

 新潟県長岡市山古志地域に伝わる闘牛「牛の角突き」に女子部が結成された。1000年の歴史があるとされ、土俵は大相撲と同様に女性が入れず男たちの行事のように伝承されてきたが、近年は女性の来場者が増加しており、幅広いファンにアピールして伝統の継承に一役買いたいという。

 12日に山古志闘牛場で行われたお盆場所の冒頭、「Tsunozuki Joshibu」のロゴが入ったおそろいの茶色のTシャツで女性たちが登場。女子部の始動を告げた部長の森山明子さん(39)は「角突きが100年、200年と続いていくよう、その種まきをしたい」とあいさつ…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  4. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです