メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動車

アルミ採用拡大 燃費規制で軽量化

自動車へのアルミの採用例

 自動車の軽量化に向け、アルミニウムをボンネットやドアなどに使用するケースが増えている。鉄に比べてアルミは比重が3分の1と軽いのが特長だが、コスト高や鉄との溶接が難しいなど課題も多く、これまでスポーツカーや高級車に採用が限られていた。燃費競争が激化する中、今後は電気自動車(EV)やファミリーカーにもアルミの使用が増えるのは間違いなく、神戸製鋼所やUACJなど日本のアルミメーカーが技術開発や設備投資を進めている。

 アルミは鉄よりも熱伝導性がよく、冷却機能に優れているため、エンジンにはアルミ合金が幅広く使われている。しかし、強度が要求されるボディーの骨格は現在も鉄が主流で、アルミの多くはボンネットやドア、トランクリッドなど「フタもの」と呼ばれる部材の採用にとどまっている。骨格を含め、ボディー全体がアルミの車も存在するが、高価なスポーツカーや高級車に限られている。

この記事は有料記事です。

残り1041文字(全文1425文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです