メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食中毒

5歳女児重体 O157、総菜サラダが原因 埼玉

 埼玉県は21日、熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で購入したポテトサラダを食べた4~60歳の男女8人が下痢などの症状を訴え、うち6人から病原性大腸菌O157を検出したと発表した。3人が入院し、うち女児(5)が意識不明の重体、他の2人は快方に向かっている。

 熊谷保健所はポテトサラダを原因とする食中毒と断定し、食品衛生法に基づき総菜店を21日から3日間の営業停止処分とした。

 県によると、ポテトサラダは総菜店が県外の食品会社から仕入れ、ハムやリンゴなどを加えて7、8日に販売した。意識不明の女児は急性腎不全などを伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症している。【森有正】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 木村拓哉・山口智子、『ロンバケ』以来22年ぶり再共演に喜びのハグ 『BG』で元夫婦役
  2. 五輪フィギュア 羽生V 海外メディア「王子から皇帝に」
  3. 五輪フィギュア 「もうちょっと滑る」羽生が現役続行へ
  4. 五輪フィギュア 羽生「金」、宇野「銀」 男子フリー
  5. 五輪フィギュア 宇野 真央さん導いた道、メダル目指して

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]