メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

5歳女児重体 O157、総菜サラダが原因 埼玉

 埼玉県は21日、熊谷市のスーパー「食彩館マルシェ籠原店」に入る総菜店「でりしゃす籠原店」で購入したポテトサラダを食べた4~60歳の男女8人が下痢などの症状を訴え、うち6人から病原性大腸菌O157を検出したと発表した。3人が入院し、うち女児(5)が意識不明の重体、他の2人は快方に向かっている。

 熊谷保健所はポテトサラダを原因とする食中毒と断定し、食品衛生法に基づき総菜店を21日から3日間の営業停止処分とした。

 県によると、ポテトサラダは総菜店が県外の食品会社から仕入れ、ハムやリンゴなどを加えて7、8日に販売した。意識不明の女児は急性腎不全などを伴う溶血性尿毒症症候群(HUS)を発症している。【森有正】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道 路上タイヤに乗り上げ 死亡親子の車とトレーラー
  2. 東急 三軒茶屋駅で停電 田園都市線など一時運転見合わせ
  3. あおり運転 横行 摘発、昨年は7625件 遭遇したら警察に通報、車内待機
  4. 希望の党 小池氏、排除発言で弁明「傷つけるつもりない」
  5. 福井・中2自殺 「怒声、身震いするほど」目撃生徒証言 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]