メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『猫的感覚』『猫は、うれしかったことしか覚えていない』

不思議なことばかりだから知りたくなってしまうのだ

◆『猫的感覚』ジョン・ブラッドショー/著、羽田詩津子/訳(ハヤカワ・ノンフィクション文庫/税別980円)

◆『猫は、うれしかったことしか覚えていない』石黒由紀子/文、ミロコマチコ/絵(幻冬舎/税別1300円)

 7歳になるわが家の猫に、動物病院から健康診断のお知らせのはがきが届いた。猫の7歳は人間でいうと44歳。そろそろ健康に気をつけなくてはならないお年ごろだ。しかし実はこの猫、仔猫の時分から大の病院嫌い。猫にとっても病院はかなりのストレスだし、どう見ても丸々と健康的だし、ここ数年、病院はパスしていた。だが、なにやら左目が涙目っぽくなることが多くなり、心配なので思い切って健康診断に連れていくことに。しかし、診察室に入ると、7キロにまで成長した彼に再び悪魔降臨。噛(か)まないようにエリザベスカラーを装着され、手足を押さえられた彼の、瞳孔は開き、その雄叫(たけ)びは待合室にまで轟きわたった。そして飼い主としてなんとか落ち着かせようと優しく声をかけ、その顔を覗(のぞ)き込み目が合った瞬間だ。なんと彼は瞳孔を見開いたまま、私の顔面めがけて「ギャッ!!」と飛びかかろうとしたのである。手足を押さえられていなかったら、私の鼻にかぶりついていたことだろう。これは長年愛情を注いできたものとしては相当ショックな事件だった。

 長年友好的に暮らしても、突然こんなことになっちゃう猫。『猫的感覚』(ジョン・ブラッドショー、羽田詩…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1558文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  5. 戦争の不条理 獄中の嘆き 元陸軍大尉が手記「勝者が敗者裁く」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです